株式会社ケイメイ「メディカルフィットスパWAQU2」会員規約
第1条 本規約によって定める条項は「株式会社ケイメイ メディカルフィットスパWAQU2(わくわく)」(以下本施設という)に適用されるものとします。

第2条 本施設は、会員が本施設を利用し、会員の健康の維持・増進を図り、会員相互の交流および親睦を深めることを目的とします。

第3条 本施設の管理及び運営は、宮崎県宮崎市大字小松1158−8 「株式会社ケイメイ メディカルフィットスパWAQU2(わくわく)が行います」

第4条 本施設は会員制とtします。
2 本施設ににゅうかいされる方は、本規約等諸契約を本施設と締結しなければなりません。
3 本施設の会員の種類、利用条件等は別に定めます。ただし、本施設の必要に応じて新規に会員の種類を設定、また廃止することがあります。

第5条 本施設の入会資格は以下のとおりとします。
  (1)満18歳以上で、本規約および本施設の諸規則を厳守する方
  (2)刺青をしていない方
  (3)暴力団関係者でない方
  (4)医師等により運転を禁じられておらず、本施設の利用に支障がないと自己責任において申告された方
  (5)妊娠中でない方(医師の許可を得られた方は除く)
  (6)伝染病、その他、他人に伝染または伝染する恐れのある疾病を有しない方
  (7)本施設が適当と認めた方

第6条 本施設は、会員に対し会員証(通称:会員カード)を交付します。
2 会員証は記名式とします。
3 会員証は、本人のみが使用し、他の者が使用することはできません。
4 会員は本施設利用に際し、会員証を提示しなければなりません。
5 会員は、会員証を運室した場合は速やかに本施設で再発行の手続きをとらなければなりません。

第7条 会員は、本規約、および本施設の定める諸規則を遵守しなければなりません。
2 施設の具体的利用にあたっては、本施設の指示に従わなければなりません。

第8条 本施設は、以下の各項に該当する方の入場を禁止または退場を命じることができます。
  (1)本規約および本施設の諸規則を遵守しない方
  (2)刺青のある方
  (3)暴力団関係者の方
  (4)医師等により運動を禁じられている方
  (5)妊娠中の方(医師の許可を得られた方は除く
  (6)伝染病、その他、他人に伝染または伝染する恐れのある疾病を有する方
  (7)酒気を帯びている方
  (8)本施設が不適当と認めた方

第9条 休会制度はございません。

第10条 会員が自己都合により本施設を退会する場合は、本施設が別に定めた期日までに、本施設所定の書面により手続き完了しなければなりません。
2 前項の手続き後、退会届に記載の退会日をもって退会とします。
3 会費、利用料等が未納の場合は、第1項の退会届の提出までに完納しなければなりません。
4 退会月の会費は、退会が月の途中であっても、これを全額支払わなければなりません。
5 会員が自己都合により会費を2ヶ月以上滞納した場合は、退会扱いとします。ただし、滞納分については全額支払わなくてはなりません。

第11条 退会後に復会する場合は、通常の入会時と同等の手続きをとらなければなりません。
2 退会後に復解する場合は、会員証再発行にかかる手数料をいただきます。

第12条 会員が入会申込書に記載したないように変更があった時は、速やかに変更手続きをしなければなりません。
2 本施設より会員の住所あてに通知する場合は、会員から届け出のあった最新の住所あてに行い、本施設は通知の未達等以後の責を負いません。

第13条 本施設は会員が次の各号の一に該当するときには、当該会員の会員失格を一定期間停止、または除名し、本施設利用契約を解除することができます。
  (1)本施設の名誉、信用を傷つけたとき
  (2)本規約そのた本施設の定めた諸規則に違反したとき
  (3)会費その他の債務を滞納し、本施設からの催告に応じないとき
  (4)入会に際して本施設に虚偽の申告をしたと判明したとき
  (5)本施設の運営秩序を乱したり、他の会員に迷惑となる行為をしたとき
  (6)その他会員としてふさわしくない言動があったと、本施設が認めたとき

第14条 会員は次の場合にその資格を喪失します。
  (1)退会
  (2)死亡
  (3)除名
  (4)運営上重大な理由により本施設を閉鎖したとき

第15条 本施設の会員資格は本人限りとし、譲渡もしくは相続その他包括継承できません。

第16条 会員は、本施設が別に定める金額の会費を本施設所定の方法で支払うものとし、入会申込書に記載の利用開始日後、帰納の会費は理由の如何を問わずこれを返還しません。
2 利用の有無に関わらず、退会月までは月会費等の会費を支払わなければなりません。
3 本施設は、会員に対し、月会費等について、未納のものがあるときは会員資格を喪失した後も徴収することができます。

第17条 本施設は、別に定める入会金および会費等改定を行うことがあります。この場合、入会金については、新たに入会する会員の方から適用します。
2 前項の改定を行う場合、本施設は1ヶ月前までに会員に告知するものとします。

第18条 本施設の営業日および営業時間については、別に定めます。

第19条 本施設は、諸行事または本施設の管理もしくはその他本施設が必要と認めた場合に、施設の全部または一部の利用を制限することがあります。

第20条 会員は、ビジターを同伴することができます。ただし、ビジターが本規約第8条の各項に該当する場合、ビジターの入場を禁止することができます。
2 ビジターの施設利用の範囲は、ビジター種別で定められた施設利用となります。ただし、本施設が必要と認めた場合には、利用を制限することがあります。
3 ビジターは本施設利用に際し、本施設が別に定める利用料を支払わなければなりません。
4 会員は同伴したビジターに関する一切の責任を負うものとします。

第21条 本施設は、特に必要と認めた場合、会員以外の方に本施設を利用させることができます。

第22条 天然温泉の源泉が枯渇した場合は、本施設は一切その責を負いません。
2 ポンプ等のメンテナンスのため、年に数回は利用できない日があります。

第23条 本施設は、次の理由により施設の全部または一部を休業することがあります。
  (1)気象、災害等により本施設が営業を不可能と認めたとき
  (2)施設の点検、補修、または改修をするとき
  (3)法令の制定、改廃、行政指導、社会経済情勢の著しい変化、その他やむを得ざる事由が発生したとき

第24条 災害、その他、人的、物的事故、盗難など本施設の責に帰すべからざる理由により、会員に生じた損害に対して本施設は一切その責を負いません。

第25条 会員が本施設の利用に際して生じた盗難および紛失については、本施設に来いまたは重大な過失がある場合を除き、本施設は一切損害賠償の責を負いません。

第26条 会員が本施設内において事故の責めに帰すべき事由により、本施設または第三者に損害を与えた場合は、会員はその賠償の責に任するものとします。

第27条 本施設は止むを得ざる事情による場合には、3ヶ月前の予告をすることにより、本施設を解散することができます。
2 解散の理由が天災、地変、公権力の命令、強制その他の不可抗力である場合には、前項の予告期間を短縮することができます。
3 本施設解散の場合、本施設は会員に対し、特別の補償は行いません。

第28条 本規約および本施設の諸規則に関する通知または予告は、重要事項を除いては、本施設所定の場所に掲示する方法により行います。

第29条 本施設は、本規約、細則、利用規程その他本施設の運営、管理に関する事項を改定することができます。また、その効力はすべての会員に適用されます。

第30条 本規約は2007年4月15日より発行します。

別記:退会届は退会する月の前月末までの提出とします。